切手と郵便印で旅する
秘封倶楽部の聖地巡礼本!?

『秘封切手紀行』 作品概要

作品名: 秘封切手紀行
-切手と風景印で巡る秘封倶楽部の軌跡-
仕様: B5版 フルカラー128P
頒布イベント: 2017/10/22 東方紅楼夢(第13回)
E-28a 「フランソワさんのよもぎ畑」
イベント頒価: 1,500円
書店委託: メロンブックス(通販ページ)
著者: 蓬屋ふらん
イラスト: 鳥居すみ(airdrop
ひそな(スアリテスミ
朱衣子(ゆめのね。
夢月てのん(テノリウム幻想
装幀: tamajam(trickster.jam
原作: 東方Project
ZUN's Music Collection
上海アリス幻樂団
発行: フランソワさんのよもぎ畑
『秘封切手紀行』 正誤表 (2017/10/29up)

本書の特徴

◆秘封倶楽部のストーリーに関係した世界中の切手を掲載!

 現在までに発行されている切手は、日本切手で6,000種以上、世界全体では60万種以上にもなるそうです。
 本書では、あらゆる国の、あらゆる時代の切手の中から、秘封倶楽部に直接、または間接的に関連のある切手を探してきました。掲載した切手は350種以上!
 未使用の切手は金券の一種なので、切手の画像をコピーしたり、本に載せたりすることは、「郵便切手類模造等取締法」という法律によって制限されていますが、本書では総務省の許可を得て、大部分の切手を未使用状態のまま掲載しています。

◆郵便局のご当地スタンプ「風景印」や各種記念印を収録!

 全国12,000局以上の郵便局に配備されている風景印は、各地の観光名所や名産品などがデザインされていて、こういった郵便印にも秘封関係のモチーフがたくさん見られます。本書では、現在使われている風景印だけでなく、既に廃止になった戦前の風景印、その他の記念印なども網羅して、150種以上の印影を掲載しています。

◆古い絵はがきや、実際の巡礼写真も盛りだくさん!

 もちろん、秘封聖地の中で、切手や風景印になっていない場所もたくさんあります。そういう場合は、絵はがきのような郵便周辺の品物を掲載したり、あるいは実際に現地を取材して写真を撮ってきたりもしました。

◆物理学や日本神話など、主要テーマの解説・考察も

 『大空魔術』や『燕石博物誌』では、量子物理学とか宇宙論とか、とっつきにくい物理学がストーリーに関わってきますよね。『伊弉諾物質』や『旧約酒場』では、日本神話の予備知識がないと、意味が分かりづらかったりします。
 こういった数々のテーマに関して、本書1冊だけでもある程度の概要が把握できるように、切手類の紹介とあわせて、解説や考察を加えています。

◆コラムでは東方本編の関連テーマにも寄り道

 東方本編の聖地、たとえば諏訪大社や法隆寺、信貴山などは、もともと有名な観光地でもあり、たくさんの切手や風景印が見られます。こういった場所は、秘封シリーズには直接出てきませんが、全くの無縁というわけでもないので、コラムの形で随時挿入しています。

本文サンプル


「秘封切手紀行 目次」

第1章 宇佐見蓮子とマエリベリー・ハーン 「オカルトサークル「秘封倶楽部」」〜「蓮子とメリーの元ネタを探る」

第1章 宇佐見蓮子とマエリベリー・ハーン 「蓮子とメリーの元ネタを探る」〜「首都京都の最高学府」

第4章 卯酉東海道 「卯酉新幹線ヒロシゲで行く東京」〜「歌川広重と葛飾北斎」

第5章 大空魔術 「宇宙はどのようにして生まれたか」〜「ホーキングとブラックホール理論」

第8章 伊弉諾物質 「イザナギとイザナミの神話」

正誤表

『秘封切手紀行』 正誤表 ver1.00 (2017/10/29) PDFファイル

【フランソワさんのよもぎ畑TOPに戻る】